必要か又は不要

有酸素運動はダイエットに必要?

有酸素運動とは?

運動している画像

有酸素運動とは「ジョギング」や「ウォーキング」など、酸素を使ってエネルギーを消費する運動のことを言います。

ダイエットをする人にとって「有酸素運動」は、最もイメージしやすいものでしょう。

従来では「有酸素運動すれば痩せられる」などの情報が出回ったこともあり、ダイエットに必要不可欠のものと思われています。

しかし、近年の研究により「有酸素運動は必要ない」という意見もあります。

有酸素運動はダイエットに必要か

必要か又は不要

有酸素運動の代表といえば「ウォーキング」や「ジョギング」でしょう。

ダイエットを意識すると「消費カロリー」が気になるのではないでしょうか。

「ウォーキング」は、1時間歩いて150kcal〜250kcalを消費すると言われています。

「ジョギング」の場合でも、1時間で400kcal〜600kcal程度です。

運動不足を感じている人にとって、1時間の運動は辛いものです。

しかし、仮に頑張ってウォーキングしたとしても、消費カロリーは少ないと言えるのです。

そのため、ダイエットには有酸素運動が必要ないという意見が出てきます。

有酸素運動より筋トレの方が効率的に痩せられる

「有酸素運動」と比較されるのは、筋トレをはじめとする「無酸素運動」です。

筋肉を動かすことにより、カロリーを消費する手段です。

特に下半身に筋肉が集中しているため、スクワットなどを重点的に行います。

一般的なスクワットは、1回あたり0.4kcalを消費すると言われています。

30回のスクワットをするとすれば、12kcalを消費できます。

もちろんこれだけで痩せられるわけではありませんが、有酸素運動を行うより短時間でカロリーを消費できます。

そのため、ダイエットを考える人には「筋トレ」の方が効果的という意見が出てきます。

有酸素運動と筋トレの両方を取り入れるのが良い

ダイエットは「体重を減少させる」のが目的でしょう。

体重を減少させるためには、体脂肪を燃焼させる必要があります。

スクワットなどの「筋トレ」を行えば、効果的にダイエットができるでしょう。

しかし、有酸素運動が必要ないのかといえば、そうでもありません。

有酸素運動の目的は「体重を減少させる」ことではないからです。

有酸素運動は、体内の酸素と二酸化炭素を高速で循環させます。

血行がよくなることが考えられ、体の調子を整えます。

朝起きてから太陽の日を浴びながら「ウォーキング」などは、体内のホルモンバランスを整える働きもはるほどです。

有酸素運動は、体の調子を整えながら「痩せやすい体」に変化させるために行うのです。

有酸素運動が必要ないという情報もありますが、それはあくまで「体重を短期間で減らす」という目的においてのことです。

長期的な目線で考えるのであれば、有酸素運動をしながら「痩せやすい体づくり」をするほうがよいかもしれません。

実は「有酸素運動」か「筋トレ」かの議論は、今でも続いているのです。

まとめ

ダイエットには「有酸素運動」と「筋トレ」を組み合わせるのが効果的です。

短期間で痩せたい場合は「筋トレ」を重視し、長期的に痩せるなら「有酸素運動」を意識します。

単純に消費カロリーが多いのは「筋トレ」ですので、痩せるためには「筋トレ」が良いでしょう。

有酸素運動をしながら、痩せやすい体づくりをしつつ、筋トレをするのが効果的と言えます。

どちらが大切というものではなく、バランスよく両方取り入れるのが効果的なダイエットと言えます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。