空腹時の対処法

お腹が空いたときの対処法

ダイエット中にお腹が空いたらどうしたら良いかを解決します。

「お腹が空いたら食べてしまう」

「お腹が空いたら何を食べればいい?」

ダイエット中にお腹が空いたら、食べたいのを我慢できれば良いですよね。

しかし、我慢ができればダイエットなど苦労しませんよね。

我慢できない人は、この記事を参考にして「ダイエット中の空腹」を乗り越えてくださいね。

ダイエット中でも我慢しない

我慢しない

ダイエット中だからといって「我慢しすぎる」のはよくない方法です。

「我慢」には、少なからずストレスがたまるからです。

ダイエットにとってストレスは、リバウンドをしてしまう原因でもあります。

ストレスをためるくらいなら、「食べるものを考えて食べる」方が、結果的にダイエットにつながることが多いようです。

この記事では、お腹が空いたときに間食しても良い食べ物も紹介します。

ダイエット中にお腹が空いたときの対処法

お腹が空いたときの対策

ダイエット中にお腹が空いてしまったときの対処法を紹介します。

・プロテインを飲む

・炭酸水を飲む

・運動をする

・野菜やフルーツを食べる

それぞれ簡単に解説します。

プロテインを飲む

プロテインを飲む画像

ダイエット中の空腹には「プロテインを飲む」のがおすすめです。

最近のプロテインには味が付いているものも多く、おやつ代わりにできるものがあります。

空腹時にプロテインを飲むことで、タンパク質を補給できます。

飲んでみればわかりますが、プロテインは空腹感をかなり抑えてくれます。

満腹にならなくても、間食を我慢できる程度には満足できるのではないでしょうか。

炭酸水を飲む

炭酸水の画像

炭酸水には糖質などが含まれていません。

また、炭酸の元である二酸化炭素は、胃の中で膨らむため空腹感を減らします。

中には「ジュース」を飲みたいと考える人もいるかもしれません。

しかし、ジュースは糖質を多く含むため、ダイエット中には控えたほうがよいでしょう。

比較して炭酸水の原料は「水」であるため、水分補給している感覚になります。

太る成分が含まれておらず、空腹感を減らせるのでおすすめです。

運動をする

運動している画像

学生時代に運動部だった人は、運動直後には「ご飯が食べられない」という経験をしているかもしれません。

程よい運動は、空腹感を減らす働きがあります。

一時的に「お腹が空いた感覚をなくしたい」という方は、運動してみるのも良いでしょう。

しかし、運動後に時間をあけると空腹感を感じることもあるため、間食を控えるための方法としておすすめです。

野菜やフルーツを食べる

野菜とフルーツの画像

食物繊維が豊富な野菜やフルーツを食べると、腸の働きを良くします。

便通を改善し、体内に溜まった老廃物を排出します。

ダイエットには栄養バランスも必要なため、間食で野菜を食べるのも良いでしょう。

野菜類はGI値が低く、血糖値上昇率も低いためダイエットに向いていると言えます。

「歯ごたえ」がほしいという方は、野菜を噛むことで空腹感を抑えやすくなります。

まとめ

ダイエット中にお腹が空いたら「プロテインを飲む」のがおすすめです。

しかし、中には「歯ごたえがほしい」という方もいるでしょう。

噛むことで満腹中枢を刺激し、お腹が空いた感覚がなくなります。

そのため、野菜などをよく噛んで食べるのも良い方法です。

運動するなどの方法もありますが、どうしても食べたい人は「食べるもの」にこだわってみてはいかがでしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。