筋トレの注意点

筋トレ初心者なら知っておきたい、トレーニングの注意点

筋トレの注意点

「効果的な筋トレをしたい」

「わずかな時間で筋トレをしたい」

「筋トレって毎日するの?」

ダイエットや肉体改造をする人にとって、「筋トレ」は日常のものです。

しかし、中には「辛くてやり遂げられない」という人がいますよね。

「筋トレ」には、いくつかの注意点があります。

この記事では「筋トレの注意点」をまとめ、効果的な筋トレをするための方法を解説します。

筋トレの注意点7つ

筋トレをするときには、7つの注意点を意識するようにしましょう。

7つとは、以下のものです。

・同じ部位ばかり筋トレしない

・毎日筋トレする必要はない

・疲れているときは休む

・長時間の筋トレは避ける

・筋肉痛があるときは休む

・栄養補給を意識する

・休んでばかりにならないようにする

それぞれ解説していきますね。

同じ部位ばかり筋トレしない

男子高校生などが「腕立て」や「腹筋」ばかりしている様子を見ることがあります。

上腕二頭筋や腹直筋を鍛えるのに、効果があるものです。

しかし、毎日「腹筋」ばかりしていると、肉体のバランスが崩れてしまいます。

それに、筋肉には「修復時間」が必要です。

筋繊維を傷つけるのが「筋トレ」であるため、「回復の時間」が必要です。

毎日、同じ部位ばかりのトレーニングにならないようにし、しっかり筋肉を回復させましょう。

毎日筋トレする必要はない

上記でも述べたように、筋肉には「修復時間」が必要です。

一般的な人は「48時間〜72時間」ほどで修復できるといわれているため、2日ほど休んで良いのです。

従来から「根性」などを磨いてきた人は、「毎日トレーニングしなければ」と考える癖がついているかもしれません。

しかし、実際に「毎日筋トレ」をすると、とても疲労がたまります。

怪我をする恐れがでてきますので、しっかりと「修復時間」を意識するようにしましょう。

疲れているときは休む

仕事などで疲労感を感じているときがありますよね。

筋トレも「継続」を意識するのは良いことですが、無理して「疲れているとき」に頑張るひつようはありません。

疲労感を感じているときは、集中力も散漫になっています。

特に器具を使うトレーニングは、肉体にも大きな負荷を与えます。

疲れているときに、無理して筋トレすると怪我の恐れがありますし、嫌になる人もいます。

長く続けられるトレーニングをするため、疲れているときは休むようにしましょう。

長時間の筋トレは避ける

長時間の筋トレをする女性

休みの日などに、1日中筋トレするなどはやめておきましょうね。

もちろん体力が続かないとは思いますが、長時間の筋トレは怪我の恐れが非常に高まります。

というのも、人間の集中力は「長くても90分」と言われているからです。

研究の中には「15分」というものもあり、短期集中するのが効果的といわれています。

さらに、筋トレ初心者が「頑張りすぎる」のも、継続できない原因です。

ここでも「長期的に筋トレをする」ことを意識し、1日あたり2時間程度でトレーニングを終了するようにしてください。

筋肉痛があるときは休む

休憩する女性

中学生の部活動(運動部)などでは、筋肉痛があっても毎日練習しているかもしれません。

そのため、大人になってからも「筋肉痛があっても頑張る」と言う人がいます。

しかし、「筋肉痛」とは「筋肉が修復している証拠」です。

筋トレの効果的なトレーニング方法は、「筋肉を傷つけて、修復させる」ことです。

筋肉痛がひどいときに筋トレをやりすぎると、筋繊維を完全に失う結果を引き起こしかねません。

無理せず休むことも、トレーニングのうちですよ。

栄養補給を意識する

栄養補給の写真

「筋肉の修復」には、栄養が必要です。

毎日の食生活を改善し、プロテインなどで「タンパク質」を補うようにしましょう。

中には「糖質ダイエット」を意識しながら筋トレをする人がいますよね。

しかし、「糖質」を全く摂取しないと、筋肉の修復が遅くなります。

結果的に「デトックス」が鈍くなり、痩せにくい体になります。

「痩せやすい体」「綺麗な体」を目指すなら、栄養面を考えた食事をしっかりと食べ、筋トレするようにしてください。

休んでばかりにならないようにする

休んでいない男性と女性

ここまでお読みいただくと「休む」ことが重要だと理解できるはずです。

しかし、「休んでばかり」になるのは「怠慢」です。

筋トレの効果的な方法には、「中2日」というものがあります。

1日筋トレしたら、2日間休んで3日目に筋トレをするスケジュールのことを言います。

仮に3日目に筋肉痛があったり、仕事などで疲れているなら休みます。

しかし、4日目には努力するようにしてください。

筋肉の修復時間は「48時間〜72時間」です。

理想的には48時間おきにトレーニングするのが効果的ですので、休みすぎないように意識してくださいね。

まとめ

筋トレには「効果的に休む」という考え方があります。

もちろん怪我をしないようにするためです。

休んでばかりにならないように意識しながら、「中2日」を考えておきましょう。

この記事で述べた「筋トレの注意点」を知っていれば、あなたも効果的な筋トレ生活ができるはずです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。