リバウンドしない為に大切な考え方

ダイエットでリバウンドする理由

ダイエットをしていると、急激に体重が落ちることもありますよね。

しかし、気を抜いてしまうとリバウンドを経験した人も多いのではないでしょうか。

ダイエットでリバウンドしてしまうのは、あなたが精神的に弱いだけではないかもしれません。

ダイエットのリバウンドの理由を紹介します。

リバウンドしてしまう原因には、主に4つのパターンが存在します。

・急激に体重が減った

・ダイエットの方法を間違っている

・ダイエットの目標を達成した

・ストレスを溜めながらダイエットしている

それぞれわかりやすく説明しますね。

急激に体重が減った

ダイエットをしていると、急激に体重が減ることがあります。

特にダイエットを始めたばかりの人は、体の水分が減っただけでも体重が減ることがあります。

わかりやすい例で言えば、サウナに入った後に体重が減るようなものです。

運動すれば「脂肪の燃焼」より先に「体内の水分」が失われます。

体重が減った喜びから、ドカ食いしてしまっている人もいるかもしれませんよね。

また、体重が激減するのは体調不良の場合もあります。

体調不良の場合、ダイエットに夢中になるのは控えなければいけません。

体が緊急事態のため、栄養を欲しているのかもしれません。

この場合は、医師に相談しながらダイエットを継続するか検討してくださいね。

ダイエットの方法を間違っている

最も多いリバウンドの原因は、「ダイエット方法を間違っている」ことでしょう。

例えば「ウォーキング」や「ランニング」は、運動することでカロリーを消費します。

しかし、1時間歩いたとしてもおにぎり1つほどしか消費カロリーはありません。

それに、運動後に「栄養補給」と考えながら、炭水化物を摂取する人もいます。

運動後は、いつもより体が食事を求めているため、たくさん食べてしまう人もいます。

間違った知識によるダイエットは、「頑張っているのに痩せない」「リバウンドする」原因の最たるものです。

自分のダイエット方法が間違っていないか、一度見直してみる必要もあるかもしれません。

ダイエットの目標を達成した

短期間で「ダイエット目標」を達成した場合、嬉しさからドカ食いする人が多発します。

もちろん「3ヶ月で10キロ減少」など、自分の体が変化していくのは楽しいものです。

しかし、目標を短期間に設定し、努力して達成した人はリバウンドしやすいものです。

短期間の目標には「我慢」が必要だからです。

我慢しているとストレスを溜め込むことになり、目標達成と同時に食生活が元に戻ってしまっている人もいます。

目標を達成したら、次の目標を設定するなどの工夫が必要です。

ストレスを溜めながらダイエットしている

「短期間での目標達成」と同じように、日常生活の中でストレスを溜めやすい人はリバウンドしやすいといわれています。

例えば毎日の仕事が忙しかったり、家庭生活で喧嘩しているなども当てはまります。

小さなことでも、友人とのすれ違いなどがありますよね。

もちろん小さなストレスを感じるのは、誰にでもあることです。

しかし、「運動そのものがストレス」と感じる人もいますよね。

仕事や生活でもストレスを感じ、運動してストレスを感じ・・。

自分を休ませるタイミングがないため、食生活でストレス発散してませんか?

自分だけでダイエットを成功させられない場合、ジムに通うなどして「インストラクターとの会話」を楽しむのも良い方法ですよ。

【まとめ】リバウンドしないための1つの方法

リバウンドする方法はたくさんありますが、「リバウンドしない方法」は1つだけかもしれません。

たった1つの方法とは「運動を継続する」ことです。

しかし、特にストレスを溜め込む人は「継続」が難しいですよね。

運動以外のことを目標にしてみてください。

この記事では「インストラクターとの会話」を例に挙げました。

「会話が楽しいからジムに行こう」という気持ちになれば、運動を続けられます。

あなたが楽しいと思うことを、運動と組み合わせることで「リバウンドしないダイエット」を継続できるようになりますよ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。